tomo_191110_438.jpg
【ロゴ】百草団地.png

池上 郁弥

【ロゴ】百草団地見出し.png

波打つ多摩丘陵と共に佇む団地。

長く続くペデストリアンウェイを駆け抜ければ、そこは桃源郷。

2020.09.27【水彩背景】テクスチャ.png

【住所】多摩市和田・日野市百草

【交通】京王線高幡不動駅よりバス7〜8分、聖蹟桜ヶ丘駅よりバス15分

​【戸数】2,028戸

団地概要

tomo_191110_424_edited.jpg

Mogusa

UR

作品撮り

青い空と白い団地。

青い空、白い雲に、真紅。多摩丘陵に佇む穏やかな団地と対比をなす、有機的な存在。

mogusa_201104_046.jpg

UR

Mogusa

団地めぐり

多摩丘陵に寄り添う団地。

京王線に揺られ多摩川を越えると、街の雰囲気が穏やかになる。聖蹟桜ヶ丘駅、百草園駅もしくは高幡不動駅からバスに乗り替え、さらに多摩丘陵を巡ると、大規模な団地が姿を表す。

​「百草団地」

多摩市と日野市にまたがるこの団地は、多摩ニュータウンが完成するより前の昭和44年11月に入居が開始された。元々里山であった土地は、地形そのままに遊歩道(ペデストリアンウェイ)を中心とした大規模団地へと姿を変えた。

mogusa_201104_032.jpg

奇妙な形のアトラクション。「宇宙」がテーマとのことだ。

mogusa_201104_051.jpg

「Welcome to MOGUSA」

mogusa_201104_052.jpg

​百草団地ショッピングセンター。

mogusa_201104_053.jpg

京王電鉄バスと高層ポイント棟。

ゾウさんが出迎える街。

京王バス「百草センター」バス停に降り立つ。すると、まず目に飛び込んでくるのは大きな団地商店街。壁面には大きなゾウさんが描かれ、「Welcome to MOGUSA」の文字がまぶしい。この「百草団地ショッピングセンター」、古き良き団地の商店街の雰囲気を色濃く残す、素敵な場所なのだ。なかでも、中央部にある「キッチンパーク」という食堂は、味よし値段よし雰囲気よしの三拍子がそろう、イチ押しの名店だ。

商店街

mogusa_201104_037.jpg

美しく続くペデストリアンウェイ。

mogusa_201104_041.jpg

青い空と、灰色の住棟。

mogusa_201104_013.jpg

​丘に寄り添いながら佇む団地たち。

mogusa_201104_031.jpg

百草団地ショッピングセンター近くの高台には、高層棟がそびえたつ。

青と緑と、灰色と。

多摩ニュータウンが完成する前、昭和44年11月に入居が開始された、百草団地。

賃貸棟

mogusa_201104_026.jpg

ポイント棟のような意匠が特徴的。美しく塗られた青は、空と溶け合い一体感を醸す。

mogusa_201104_027.jpg

​共用部道路より。

青空と溶け合う、青。

低層棟(羊羹のような棟)の一部は分譲住宅として建てられた。美しい青をたたえた壁面や、意匠的な柵が特徴的である。ポイント棟のようになっている箇所もあり、他の賃貸棟とは一線を画している。

分譲棟

mogusa_201104_047.jpg

ツインコリダー住棟が主の西台アパート。

mogusa_201104_048.jpg

ツンコリダー住棟内部から。

健気な住棟たち。

階段のような低層棟。日野市側に存在するいわゆる「セットバック棟」である。ルーフテラスつきのこの棟たちは、旧公団の職員住宅として用いられていたもの。斜面にしがみつくそのさまは、健気で可愛らしさすら感じる。※現在立ち入り禁止です。

セットバック棟

アーカイブス

多摩丘陵と寄り添う団地。

百草団地は多摩ニュータウンの団地の一つであると勘違いされがちであるが、ニュータウン造成前より計画されていた、れっきとした郊外型団地である。

その特徴が商店街の充実さや造成の思考に表れているのが面白い。

これからも百草団地は寄り添い、見守っていくのであろう。美しい多摩の、美しい街を。