DSC_4216-2.jpg
【ロゴ】都営辰巳アパート.png

池上 郁弥

2020.09.27【水彩背景】テクスチャ.png

【住所】東京都江東区辰巳1丁目

【交通】東京メトロ有楽町線辰巳駅すぐ

​【戸数】3,326戸

団地概要

DSC_4055-2.jpg

Tatsumi-1

Toei

作品撮り

潮風満る団地と。

東京湾岸部に広がる青い海。そこは東京の「ウォーターフロント」と名付けられ、高層マンションや工場、娯楽施設、交通の要所など、様々な施設が軒を連ねている。その狭間に広がる、都営辰巳一丁目アパート。昭和40年代にかけて建設された団地は老朽化が進み、些か荒廃した印象も否めない。

そんな団地の狭間の情緒を追う。

DSC_4045-2.jpg

Toei

Tatsumi-1

団地めぐり

タワマンの隣に広がる、都営団地。

東京都江東区。タワーマンションなどで高い人気を誇る豊洲や東雲には、現代的な意匠の高層ビルがそれぞれ高さを競うように並んでいる。

実はその隣の辰巳に、古式ゆかしい都営団地が広がっているのをご存じだろうか?

「都営辰巳一丁目アパート」

​一般的に「辰巳団地」を呼ばれるこの団地は完成時87棟・3,326戸を誇り、都内でも3番目に大規模な団地であった。(現在は建て替え計画が進んでいる)

​3本の給水塔をランドマークとし、辺り一面「団地の海」。そんな、都営辰巳一丁目アパートを巡る。

tatsumi_210314_034.jpg

団地と給水塔。

DSC_4045-2.jpg

空は青く澄み渡り、給水塔の白とのコントラストが美しい。

空と海の青を反射する、辰巳のランドマーク。

青い空にグレーの団地たち。その中央に天高くそびえるのは給水塔。タワーマンション立ち並ぶ東雲の隣に、このような古き良き団地の姿が現存しているのが驚きだ。

給水棟

tatsumi_210314_013.jpg

そろった形の高層棟。

tatsumi_210314_014.jpg

生活感あふれる廊下。

辰巳駅前にそびえる壁。

東京メトロ有楽町線の辰巳駅に降り立つと、目の前には壁のような大きな高層棟がそびえたつ。

そもそも「辰巳」の由来は、皇居からみて辰巳の方向にあるからというシンプルなもの。​一般的な廊下型アクセス棟であるこの棟は、築年数を重ねて生活感にあふれている。

高層棟

tatsumi_210314_018.jpg

高層棟から見下ろす低層棟。一糸乱れず並ぶ姿は壮観である。

tatsumi_210314_009.jpg

階段型アクセス棟。

tatsumi_210314_039.jpg

​廊下型アクセス棟。

tatsumi_210314_070.jpg

中央に階段を備える、都営アパートらしい階段型アクセス棟も存在。

海と空の青・団地のグレー。

多摩ニュータウン永山団地のように広がる、団地の海。低層棟は都営団地の一般的な形をしており、多摩川住宅のように階段型アクセスのポイント棟もちらほら見える。

低層棟

アーカイブス

ウォーターフロントのありのまま。

都営辰巳一丁目アパートをみると、「ウォーターフロントに取り残された限界団地」といった趣である。

しかしそこには確かに生きている人々がいて、ある意味「ありのままの姿」を映しているようにも思う。

​装飾されたマンションが多くなる中で、この先どうなるのであろうか。